モチベーションの向上を掲げて参加しよう

病院勤務をする看護師がキャリアアップを目指す場合には、臨床現場で得られる限られた知識だけでは不十分となることがよくあります。
最新の医療についての情報収集を行って役立つ知識をつけていくために学会に参加しようと考えるケースもありますが、その結果としてあまり知識が得られずに終わってしまうことも珍しいことではありません。
会場で行われている発表は必ずしも聴衆が意図しているような内容ではないこともあり、欲しいと思っていた知識が得られないこともよくあるからです。
また、規模が大きい場合にはどの講演を聞いたら良いかと悩んでいるうちに時間が過ぎてしまったり、講演を聞くだけで生きた知識にならなかったりすることもよくあります。
学会で知識をつけるためには慣れが必要であり、何度か参加して知識の得方に慣れてしまうまでは何度も足を運ぼうとする魅力を感じられるようにすることの方が大事になります。
そのための考え方として、仕事へのモチベーションを高めるために参加することを目指すのが良い方法です。
学会では他の参加者との会話をすることができたり、他の医療現場での苦労や取り組みに触れたりすることができます。
いつも閉鎖的な空間で仕事をしていた状況であった看護師にとって井の中の蛙であったことを認識するにはうってつけの場所であり、看護の仕事に対してより魅力を持って取り組めるきっかけにすることができるでしょう。
その魅力を感じて何度も参加すると知識もつきやすくなっていくのです。